ブックメーカーの疑問 確保について

確保

このオッズに賭けたいと考えたとき、日本になればペイアウト率になる倍率はコロコロと変わっていきます。これはユーザーの投票数によって変わっていきますので、いわば日本式と言える方法でもあります。しかしブックメーカーは異なり、賭けた時点がオッズ倍率になりますので、投票するいわば確保するタイミングはとても重要であることがわかるでしょう。

基本ブックメーカーはユーザーと会社の勝負になります。疑問としてここはしっかり理解しておかないといけません。よってユーザーの投票数によってオッズ倍率が変わることがありますが、賭けた時点の倍率が対象になりますので、配当金が減るようなことはありません。意外性あるおいしい倍率を見つけそれに賭けて、見事的中させれば、配当金が的中させた他の人と変わってくる仕組みになっています。

これについてこれからブックメーカーを始めようとする人は、まず理解をするべきです。ここにこそ日本と違って大きな違いがあり、そしてメリットがあります。オッズを確保するタイミングこそが収益の金額を左右させるといっても過言ではありません。それを見極める力を持つこと、もしくはそのタイミングを計るのもブックメーカーの楽しみ方と言えるでしょう。

サッカーボールとお金

ブックメーカーは24時間体制

サラリーマン

近年はブックメーカーをやっているサラリーマンも多くなっていますが、そもそもなぜ増えているのか疑問に思う人もいるかもしれません。もちろん、ネットの普及もあって気軽に始められるというのも大きな要因でしょうが、それ以外にも様々な理由があるはずです。

例えば、日本には競馬や競艇などの公営競技であったり、パチンコやスロットなどもあるわけですが、それらは開催日が限定されていたり、営業時間の方も決まっていたりするわけです。そうなると、仕事が終わってからゆっくりと楽しむことも難しいですし、休日は家でのんびりしたいと思う人もいるでしょう。

一方でブックメーカーは、24時間いつでも好きな時に家にいながら取り組むことができるので、仕事が終わってからもじっくりと楽しむことができます。自由に使える時間が限られているサラリーマンにとっては、非常に有難い存在となっているのです。

また、副収入を稼ぎたいと思っているサラリーマンにとっても、ブックメーカーは大いに活用できるのです。本業の都合で副業をするのが難しい場合でも、ブックメーカーであれば自宅にいながらできるわけですから、やり方次第では副収入を稼ぐことも十分に可能なのです。

野球ボールとお金